着物 正装

結婚式や披露宴に着用する着物は立場によって変わります。

新郎新婦の母親としての参列なら黒留袖になります。

兄妹や親戚、友人として参列するなら、黒留袖以外のフォーマルな着物を着用します。


着物には格式があり、格が高い方から

黒留袖、色留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋

となります。

礼装着と準礼装着にわかれますが、正装として用いられるのは付け下げまでになります。


結婚式に着用する着物は
色留袖、振袖、訪問着
になります。

振袖は未婚女性が着用しますので、成人式のときに着た振袖を使うのもいいかと思います。
ただ、新婦が着用する着物の袖よりも短いことや、派手であってはいけないというのがマナーとしてあるようです。

なので、振袖を着ていくにしても、袖を短く仕立て直しする必要があります。


新婦よりも派手ではなく、袖の長さを気にしなくていい、となると、訪問着が使いやすいです。


ちなみに、付け下げは結婚式というより、七五三やお祝い事のパーティーに適しています。

訪問着と付け下げの違いは、柄の豪華さです。

訪問着の方が派手な柄になります。

 

結婚式に適した訪問着について

結婚式には淡く上品な色合いの訪問着が適しています。

淡いピンクや水色、明るめのグレーの中から、自分に似合う色を選ぶといいかと思います。


柄については、上品さやおめでたい印象がある古典柄や金彩が入っているのがオススメです。


帯は吉祥文様や正倉院文様などのお祝い事用のものを選ぶといいでしょう。


色や柄について心配なら、一緒に参列する親戚や友人に相談してみるといいかと思います。

選ぶのに迷ったら着物レンタル

着物を着る機会は年に1,2回程度だとすると、訪問着を持っていない方が大半だと思います。

 

結婚式への参列を機に購入するのもいいかと思いますが、どの訪問着を選ぶか迷ったら着物レンタルを使ってみてはいいかがでしょうか。


訪問着の色と柄は自分の好みもありますが、年代によっても多少変わります。

例えば、50代の母親の訪問着だと、20代にはちょっと合わない、ということもあります。

30代や40代でも、立場も変わってきますので、少し違いがあるようです。


と考えると、手元にある着物を使いまわすより、着る人やシチュエーションに適した訪問着をその都度レンタルで選ぶと安心です。


着物レンタルは宅配レンタルと店舗レンタルがあります。

店舗だと着付けもしてくれるので、着物の着付けができない方や周りに着付けができる人がいない場合でも大丈夫です。
全国14店舗!全国最大級・最安値の着物レンタル【きものレンタルwargo】 



 

ちなみに、もう着なくなった、着れなくなった訪問着があれば、バイセルで買い取ってもらえば保管の手間や場所にも困らなくて済みます。
満足価格!着物の買取【バイセル】

© 2019 訪問着 買取 rss